2007年 イベント情報
7月15日より「成人歯科健診」の申し込みが始まります。
  

■成人歯科健診(無料)
葛飾区歯科医師会では、葛飾区と協力し、毎年 成人歯科健診事業を行なっております。
今年も、7月15日から 申し込みがはじまります。

対象者 葛飾区にお住まいの40〜65歳の方
<昭和17年1月1日から昭和42年12月31日生まれの方>
※40歳・50歳・60歳の方には区から対象者全員に
受診票が送られて来ますので申込の必要はありません。
申込期間 平成19年7月15日〜8月31日(当日消印有効)
申込方法 「はがき」に成人歯科健診申込とし、住所・氏名(フリガナ)・
生年月日・電話番号を記入(電子申請による申込可)→こちら
申込先 〒124-0012 葛飾区立石8−18−6
葛飾区保健所 健康推進課
実施期間 平成19年10月1日(月)〜11月30日(金)(休診日を除く)
実施場所 区内の指定された歯科医院
問合せ先 葛飾区保健所 健康推進課
TEL.03-3691-9632
6月21〜22日 老年歯科医学会に参加しました。
 


■老年歯科医学会
葛飾区歯科医師会では、歯科医師会としてかねてより、毎年 老年歯科医学会と障害者歯科学会に参加、発表しております。
今年も、6月21〜22日に 札幌市教育文化会館において第18回学術大会が開催され、代表者が参加しました。
当会からの演者は常務理事:原田昇先生、演題は「東京都葛飾区における在宅寝たきり老人の歯科治療・第11報
印象採得時のストレスについて」でした。






















「すくすく歯育て歯科健診」がはじまります。

■「すくすく歯育て」計画の意義
 少子化に伴って,一人ひとりの子供に対する親の関心が高まり、保護者の多くが子どものむし歯をぜひ予防したいと考えて
おります。そしてその関心はむし歯予防に止まらず、指しゃぶりなどの悪習癖や、かみ合わせ、食べ方などの機能の発達や
泣かせない歯みがきの方法など、歯や口腔の健康全般に広がっています。またその一方で、少数ではありますが極端にむし歯
が多発する子どもが存在するなど、子どもの口腔の健康の個人差は大きくなっています。
 「すくすく歯育て支援事業」は、葛飾区歯科医師会と葛飾区が連携し、「すくすく歯育て歯科健診」を核とした様々な事業を
通して、かかりつけ歯科医の定着を促し、子どもの健やかな育ちを支援します。

■「すくすく歯育て歯科健診」の目的
 
むし歯の急増する2歳児とその母親を対象とし、母子双方に歯科健診と専門的な予防処置を実施し、かかりつけ歯科医の定着
を図る事で効果的にむし歯を予防する。あわせてむし歯のできやすい子に対し、保健所と連携し必要な支援や指導を行ない、
子どもの健やかな育ちを支援する。
対象者:2歳0か月から2歳2か月児とその母親

     対象者全員に通知

実施場所:協力歯科医療機関

実施方法:1 お子さん  歯科健診  フッ化物塗布

     2 お母さん  歯科健診  歯のクリーニング










5月13日(日)母と子の歯磨き教室とフッソ塗布
  

■母と子の歯磨き教室とフッソ塗布

葛飾区歯科医師会では、毎年母の日に歯の衛生週間として、ライオン歯科衛生研究所の協賛にて、
『母と子のはみがき教室とフッ素塗布』を行なっております。今年は第26回目を迎え下記の内容で
行なわれました。会員の協力により、228名(親御さんを含め450余名)の母子が参加され成功裡に
事故もなく終了致しました。

★対象者 2歳6ヶ月〜8歳の方と 保護者 (250組)

★日 時 5月13日(日)
    
★会 場 葛飾区歯科医師会館
     葛飾区青戸7町目1番20号(かつしかテクノプラザ裏)

★内 容 (約40分)
     1.講話
     2.歯のみがき方指導
     3.歯科相談
     4.フッ化物塗布

○協 賛  社団法人 ライオン歯科衛生研究所